メール相談
ネットで予約
電話03-5939-9581
平日10:00~13:30/15:00~20:00 土日10:00~13:30/14:30~18:00【休診日火曜・祝日】
初診の方、お急ぎの方や痛みが強い方は電話にてご相談ください。
  1. ホーム>
  2. 医師・スタッフ紹介

医師・スタッフ紹介

院長:梅田 直宏

 「期待から感動へ」の理念をもと地域皆様に思いやりがあり信頼される質の高い医療を提供し社会貢献をしていきたいと考えております。
略歴
 平成15年:日本歯科大学卒業 その後、歯科医院勤務
 平成22年:クレア歯科・矯正歯科 開院

  ・日本成人矯正歯科学会 会員
  ・Photodynamic Therapy Certificate of Achievement
  ・Certificate of Completion GC SEMINAR
  ・Effectiveness,Stability and Biological fairness
  ・Advanced Total diagnosis Course
  ・Logical Orthodontics Advanced Course
  ・HARMONY Certificate
  ・The preparation of aboutment tooth course
  ・Global Dental System
  ・Digital guided Surgery Course Seminar
  ・AsoAligner CERTIFICATE
  ・invisalign CERTIFICATE OF COMPLETION
  ・厚生労働省 研修指導歯科医

所属団体
 顎咬合学会 噛み合せ認定医

院長:梅田 直宏

この道に至るきっかけ

 小学生の頃、歯を折ってしまいました。「小さい頃に被せ物をしてもよくならないから…」という理由でプラスチック状のものを代わりに入れてもらいましたが、それがずっとコンプレックスになってしまいました。歯について、歯科というものに興味を持ち始めたのはそれからのことです。その後、高校生の終わりくらいに、ようやくまともな歯を入れてもらいました。「歯科医師になりたい」という思いはそれ以前から持っていましたが、自分の歯を治してもらってみると、「やっぱりこれかな」という確信のようなものを抱いたことを憶えています。実際歯科医師になってからは、ほぼ勉強浸けの日々を送りました。必要に迫られてというよりも、興味がどんどん湧いてきて、次から次という感じだったような気がします。
 大学卒業後は、3つの歯科医院に勤務しました。最初のところでは、とにかく一通り出来るように、基礎を詰め込みました。次のところでは、入れ歯です。その時点では入れ歯についてわからないことだらけでしたので、集中して研鑽を積みました。そして最後に矯正治療。当時から「全顎的に診ていかなければならない」という感触を得ていて、その考えに従ってのことです。『クレア歯科・矯正歯科』は、2011年に開院を迎えました。「期待から感動へ」の理念の元、歯で悩む多くの方を救って差し上げることが出来ればと思っています。

ドクター:樋口 勤子(ひぐち いそこ)

略歴
 日本大学歯学部卒業
 BPS認定医

ドクター:樋口 勤子

梅田院長インタビュー

最適な噛み合わせがこどもの将来を左右する。
正しい口腔内を提供する”こども歯科”

大学を卒業後、一般歯科と矯正歯科を学ぶ

 大学を卒業後、最初は大きな歯科医院の勤務医として一般診療にも携わりました。その後、入れ歯専門の歯科医院と矯正に特化した歯科医院に勤務し、その後に当院をオープンしました。
 一般診療・入れ歯・矯正のそれぞれの分野で先端の技術を学ぶことができ、とても良い経験になったと思っています。矯正に関しては、勤務医としての経験のほかに休日を利用してさまざまなセミナーに参加し、かなりの研究を積みました。
私が勉強したのは”非抜歯矯正治療”といって極力歯を抜かずに自分の歯に勝るものはありませんから、できる限り抜かずに治療を行っています。

梅田院長インタビュー

一般診療の患者さんの場合も、かみ合わせをしっかりチェックします

 まずは正しい噛み合わせであることが、すべての歯科治療の基本です。
例えば虫歯でご来院された際は、その主訴を取り除くことから始め、落ち着いた段階で噛み合わせの状態をご説明していきます。
 人によっては、完全に噛み合わせが低くなってしまっていて、このままにしていると後々問題を引き起こす可能性の高い患者さんもいらっしゃいます。
矯正を勉強してきた立場としては、患者さんの将来的な姿が想像できるので、お話だけはしておく責務があると思っています。
 特に子供さんの場合は、あごの骨を広げることができる年齢が限られているので、「今ここでやっておかなければできなくなってしまう」というケースがよくあります。
 本格的に矯正治療をするのがベストですが、将来的に矯正を考えているということであれば、手頃な金額でできる早期矯正治療もお勧めしています。

噛み合わ

早期矯正治療について

 「矯正しなければと思ってはいるけど、今はちょっと」とおっしゃる方のために、早期矯正治療をご用意しました。
お子さんの矯正治療には1期と2期があります。早期矯正治療とはその1期の前段階だけを行う治療です。
 それだけで矯正が終了するわけではありませんが、取りあえず顎の発達が止まらない10歳頃までに初期段階の治療を終えることで、次の治療を楽に行うことが出来ます。
 顎の発達時期が終わってしまうと、もうそこから顎を広げることは不可能です。お子さんにとってはワンチャンスですので、必要がある場合にはぜひ受けて頂きたいです。

 治療費も5万円と手ごろで取り外しができる矯正器具ですので、あまり気構えなくても実行できるかと思います。

噛み合わせと深い関係にある”脳の発達”

一般治療と矯正治療を一人の歯科医師がやることのメリット

 インプラントを入れる際などに、「矯正をするとこの歯はこの状態になるから、この場所にした方がいい」など、矯正後の予測を踏まえながら治療を行うことができます。
矯正の専門医が診療する日を設けているクリニックも多いと思いますが、私が矯正を行う場合は診療日にいつでも対応が可能ですし、連絡もれなどもありません。
矯正治療だけを特別にやるというよりは、クリニックでできることをトータルで行うということが、お口の中全体をベストの状態にするために必要な事だと考えています。

一般治療と矯正治療

矯正治療を行うことが、お子さんの成績向上にもつながるかもしれません。

 噛み合わせがベストの状態になると、集中力が付いてきて、脳の発達に良い影響を与えます。優秀なスポーツ選手は、皆さん歯並びが良く、噛み合わせがしっかりしています。
 集中力や瞬発力・持久力などすべてに、歯の噛み合わせは関係しています。お子さんが大人になったとき、本当にやって良かったと実感されると思います。
噛み合わせをしっかりと整えておくことは、中高年以降のさまざまな体の不調を回避するためにも重要かと思います。

休日も診療しています。

 平日だけでなく土曜・日曜も診療していますので、会社や学校の休みの日に通院していただくことが可能です。
診療室は治療と予防・手術のそれぞれに専用の個室があり、中は広々としているので、ゆったりと診療を受けられます。
 バリアフリーになっていて、ベビーカーや車いすで診察室にお入りいただくことも可能です。

 お子さんをお連れの場合は、キッズスペースに絵本やDVDを置いてありますので、ご自由に遊んでいただければと思います。
キッズスペース

不正咬合を放置すると、睡眠時無呼吸症候群になること

患者さんへの説明について

 当院では治療を行う前に、必ずカウンセリングの時間を設けています。その際に、考えられるすべての治療方法・期間・費用についてご説明し、患者さんがこれらを理解し納得された段階で治療をスタートします。
治療を開始してからも、治療の内容や検査の結果についてその都度ご説明をしています。何かわからないことや疑問に思うことがあれば、いつでも声をかけていただけたらと思います。

カウンセリング

最後に

 ここ数年、日本では歯ブラシの習慣が根付き、予防への意識も高まってきたように思います。
 噛み合わせの大切さに気付かれる方も増えてはいるので、不明な点などご説明するとご理解を頂き、実際に多くの患者さんが治療を行うようになっています。
また、噛み合わせの状態によっては、気道が狭くなり呼吸しづらくなっているお子さんなどもいて、そのままにすると間違いなく睡眠時無呼吸症候群になるケースなどもあります。
 体に取り込む酸素の量が少ないと、脳の働きがにぶくなってしまうので、そのような場合は必ず矯正治療をされたほうが良いでしょう。
 矯正は早ければ早いほど治療しやすく、費用面でも安く済ませることが可能です。

自分に矯正は関係ないと思われる方でも、一度は噛み合わせのチェックを受けてみてはいかがでしょうか。
矯正治療のすすめ