メール相談
ネットで予約
電話03-5939-9581
平日10:00~13:30/15:00~20:00 土日10:00~13:30/14:30~18:00【休診日火曜・祝日】
初診の方、お急ぎの方や痛みが強い方は電話にてご相談ください。
  1. ホーム>
  2. ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングって何?

ホワイトニング

歯の表面に白い色を塗って白く見せるのではなく、本来の自分の歯そのものを白く変化させるものがホワイトニングです。したがって、歯ブラシを使って歯を磨いたとしても色は落ちたりしません。
しかし、ホワイトニング終了後から少しずつ元の色に戻っていきます。大体4~12ヶ月で、元の歯の色に近くなります。

ホワイトニングの種類

歯のホワイトニングの方法は基本的にはどちらも歯科医院を利用しますが、大きく分けると2つ。
一つは、歯科医院などで作ってもらったマウスガードを使って自分の家(HOME)で行なう「ホームホワイトニング」と、もう一つは、歯科医院(DENTAL OFFICE)のみで行なう「オフィスホワイトニング」があります。どちらも歯を白くすることは可能で、自分に適した方法を選択すれば良いと思います。
ホームホワイトニング
歯医者さんで初めに自分の歯の型を取ってもらい、マウスガードを作ってもらいます。扱っている歯医者さんが最近多くなりました。
メリット
  • 専用薬剤(主に過酸化尿素など)をマウスガードに入れて、毎日、2時間から8時間、家でホワイトニングができる。
  • 歯を白くするための期間は(2週間~5週間程度)かかるが、元に戻るまでの時間(6~12ヶ月以上)が長い。
  • 刻々と変化するのを楽しめる。
デメリット
  • 専用薬剤(主に過酸化尿素)などをマウスガードを入れ、毎日決まった時間(2時間~就寝中ずっと)入れておかなくてはならない。
  • 歯がしみる感じがすることがある。
オフィスホワイトニング
専用機器を使用し(ライトやレーザーなど)、一部の歯医者さんで行なわれています。
メリット
  • 専用薬剤(主に過酸化水素)などを歯の表面に塗り、歯肉を保護した上で光などを当てて、短時間(30分~2時間)で歯のホワイトニングを行なうことが可能。
  • 病院で歯医者さんにきちんと見てもらえるので、トラブルが少ない。
デメリット
  • ホームホワイトニングに比べて短期間で色が元にもどってしまう(約4~10ヶ月以上)。
  • 終わったあとおよそ24時間、ちょっとした違和感(締め付けられる感じや、軽い痛みなど)を感じることがある。

クレア歯科のホワイトニング

クレア歯科では、従来の「痛そう、高そう、我慢することが多そう・・・」といったイメージをくつがえす、ポリリンプラチナホワイトニングというまったく新しい施術方法を導入しました。
痛みが圧倒的に少なく、白さは従来の3倍、ラジカル2.81倍、短時間の施術で終了でき、施術後すぐでもカレー、コーヒー等の飲食も問題有りません。
白くしたいときに何時でも出来るのが特徴です。
(Laboベースアバタイト実験より) ※当社比 ※痛み方や効果には個人差がございます。

また、ポリリンプラチナホワイトニングは回数を重ねることで思い通りの白さに近づけることができます。

クレア歯科のホワイトニング特徴
従来のホワイトニング クレア歯科のホワイトニング
白さ 薬液によって着色するので透明感のない白さになります。 プラチナナノコロイドの効果でキラキラ輝く自然な白さになります。
痛み 知覚過敏になることもあります。痛みを感じやすい。 痛みを感じることは非常に少ないです。
色戻り 歯をコーティングしていないので施術直後は特に着色しやすいです。 分割ポリリン酸が歯をコーティングし汚れも付きづらくなり透明感のある白さが長持ちします。
保護力 ホワイトニング剤を歯の表面に塗り色素を分解します。歯にダメージが残ります。 ポリリンコーティングにより、歯を傷つけにくく、歯の表面もコーティングされ歯質が強化されます。
お食事 カレー・コーヒー・ワインなど施術直後は特に食事制限があります。 施術直後でもまったく食事制限は必要ありません。
施術時間 次回まで2〜3週間の期間が必要です。 1日何回でも大丈夫。
ポリリンホワイトニングは、あらゆる生物の体内にもともと存在している生体成分である分割ポリリン酸を使用した、安全で非常に高い効果が期待されるホワイトニング方法です。 歯にダメージを与えない施術方法と、ポリリンコーティングによる幅広い効果効能は、歯科業界の注目を集めています。

ステインの付着を防ぎ、歯を健康に美しく

ポリリンプラチナホワイトニングとは、ポリリン酸Naという成分を使ったホワイトニングの施術方法です。
このポリリン酸Naは食品添加物としても認められている成分のため、その安全性も保証されています。
ポリリン3Dホワイトニングは、このポリリン酸Naを使って歯の汚れを落とし、コーティング(ステインや歯石の沈着防止)するため、痛みもなく、着色しにくく、透明感が残ります。

紅茶やコーヒー、タバコのやに等でくすんでしまった歯の表面には、ステインが付着しています。

ポリリン酸Naは歯面に付着したステインに近づくと、ステインを剥がしながら歯の表面をきれいにすると同時に、歯をコーティングして再び汚れてしまうことを防ぎます。
ポリリンプラチナホワイトニングとは
こんな方におすすめ
ポリリン酸Naの様々な効果く

分割ポリリン酸とは、バクテリアからほ乳類まであらゆる生物の体内に存在する生体高分子です。リン酸が鎖状に複数個結合し、その長さと濃度によってそれぞれ効果が異なります。
歯周病治療に用いられることが一般的に知られていますが、育毛・発毛ケアに有効な「長鎖分割ポリリン酸」や、肌の再生力をたすける「中鎖分割ポリリン酸」など、様々な分野であらゆる効果が確認されています。

ポリリン酸Naを使った最新ホワイトニング
ポリリン酸Naを使ったホワイトニング

ホワイトニングの施術の流れ

歯の表面をクリーニング ホワイトニング専用ジェル ホワイトニング専用ライト ジェルを塗りライトを3回 ポリリンホワイトニングと飲食
まず始めに、歯の表面をクリーニングしていきます。 続いて、ホワイトニング専用ジェルを歯に塗っていきます。食品にも使われている成分で、安全性も保証されているので安心して使用出来ます。 ジェルを塗り終わると専用のライトで光を約8分間当てます。 ジェルを塗りライトを当てるのを3回繰り返します。 ポリリンホワイトニングは他のホワイトニングと違い、終わった直後から普通に食べたり飲んだりしても白さに影響が有りません。

※コンテンツ転載元:http://poririn-whitening.jp/whitening.html

ホワイトニングの症例

 
ホワイトニングの症例1
ホワイトニングの症例2
料金ページはこちら