マイクロスコープ

マイクロスコープで19.3倍まで患部を拡大して精密な治療を行うことができます。

(注メーカーによっては、80倍とうたっているところがありますが見える大きさは変わりません)

マイクロスコープとは、歯科顕微鏡のことで、当医院では19.3倍まで患部を拡大して精密な治療を行うことができます。

歯と銀歯の間に段差があります

歯とかぶせ物の間に隙間がなくなりました

マイクロスコープによる治療で下記のお悩みの方のにおすすめです

  1. 綺麗な歯にしたい
  2. 「治療部位の再発」を減らし、「歯の寿命」を伸ばしたい
  3. 他院で抜歯と言われてしまったけど、できるだけ自分の歯を残したい。
  4. 治療に入る前に説明をきちんとして貰いたい。
1.綺麗な歯にしたい

今まで見えてなかったものが、見えるようになった。それによって、治療のクオリティが全く変わります

左:ビフォー 右:アフター

左:ビフォー 右:アフター

2.「治療部位の再発」を減らし、「歯の寿命」を伸ばしたい

マイクロスコープを使うことによって、今までの「経験と勘」での治療から明るい視野で拡大肉眼では気がつかなかったことに気付けるようになり、治療の精度も格段に上がりました

更に、患者さんの負担の軽減必要以上に健康な歯質を削ることも防げるので患者さんの健康維持につながります

マイクロスコープで見ると隙間があるのがわかります

3.他院で抜歯と言われてしまったけど、できるだけ自分の歯を残したい。

マイクロスコープを使うことによって、肉眼やルーペでは捉えきれない部位も拡大視しながら処置できるので、精密な診断や治療が可能です

顕微鏡で拡大すると赤の矢印の所の溝が汚れが残っているのがわかります

4.治療に入る前に説明をきちんとして貰いたい。

肉眼や拡大鏡(ルーペ)などとの決定的な違いは、倍率の高さや治療中の動画や静止画を鮮明な画質で記録や説明することが可能です

診療室の液晶モニターで患者様がご自身の口腔内の様子を確認できます

マイクロスコープを活用した治療

むし歯の治療

虫歯を大きく削ったり、大きな詰め物をしたことによって、歯の寿命を短くなります

マイクロスコープを活用することによってミニマムインターベンション(MI)と言って低侵襲な、必要以上に削らないが可能で詰め物も最小限にすることができます

根の治療

マイクロスコープの拡大視野で患部を確認

一般のレントゲンでは確認できない部位までも診断できるCT装置

ラバーダム防湿などを利用した「再発防止」体制

根幹治療の精密度被せ物の種類成功率
パターン①○高い精密度自費の被せ物91.40%
パターン②△中度の精密度自費の被せ物67.60%
パターン③○高い精密度保険の被せ物44.10%
パターン④×低い精密度保険の被せ物18.10%

このデータからは、精密な根管治療を行い、慈悲の被せ物の治療を行った場合の成功率は91%を高く、治療の制度が低く、被せ物も保険の治療であれば、約80%以上の確率で再発するという事が読み取れます。

当院で実施している自費の根幹治療は「治療期間が短い」「再発しにくい」「抜歯の可能性を下げる」ことが最大の特徴です。

PAGE TOP