患者さまに真実の診療を実現すること

赤羽クレア歯科・矯正歯科の診療ゴールは、患者さまの歯が生涯健康であり続けることです。
自然の健康な歯が、限りなく長く機能し続けるように、赤羽クレア歯科・矯正歯科は“病因論”に基づいた診断治療、予防法の研究を続けています。
インフォームドコンセント及びセカンドオピニオンの実施により、クレア歯科・矯正歯科は“患者さまに真実の診療を実現すること”を追及しています。

当院の治療は、対症療法ではなく、原因療法でありたいと考えています。
つまり、悪くなったところを治すだけに終わらず、なぜ悪くなってしまったのかを考えていきたいということです。
銀歯が1つとれたことにも何らかの理由があります。虫歯なのか、噛み合わせなのか、はたまた歯ぎしりなのか。
考えられる理由をすべて精査し、その過程で私が知りえた情報や知識は、治療期間を含めた具体的な治療計画書として患者さんにお出ししています。

もちろん、「痛いのをとって終わり」でも構いません。選択なさるのはあくまでも患者さんであり、その前提として、すべて情報を開示していくことが大事になります。
患者さんが希望なされば、その先にある原因もまた治していきましょう、ということなのです。