歯科用マイクロスコープ

当院でも使用している歯科用マイクロスコープは、一般的な歯科医院ではほとんど導入されていません。

マイクロスコープとは?

マイクロスコープとは、歯科顕微鏡のこといい、通常目視で見える30倍の倍率で目視確認ができるものです。ですから、虫歯や歯石、小さな隙間や小さな病気を見逃せず、目視確認ができるのです。

マイクロスコープを使うことによって、今までの「経験と勘」での治療から明るい視野で拡大肉眼では気がつかなかったことに気付けるようになり、治療の精度も格段に上がります。

更に、患者様の負担の軽減必要以上に健康な歯質を削ることも防げるため、負担を少なくし健康維持につながるのです。

マイクロスコープのメリット
・経験や勘ではなく目視しながら治療できる
・根管治療での成功率を上げ、再発率を下げる要素があります
・虫歯を見落とす確率を下げ、早期治療が可能になる
・歯を余分に削らずに治療できる

ご自身の歯は最後の最後まで残していきたいと考えるのが当然です。
まずは残したい歯を残せる方法があるか、じっくり診査・診断していき、治療をご提案していきます。

関連記事

  1. 年末年始 休暇のお知らせ

  2. バイ菌が骨に与える影響について

  3. 院内感染対策と衛生管理の徹底について

  4. 他院で治療した所が噛むと痛い

  5. 肥満と歯科医学

  6. 「先生のところってどうして麻酔の痛みが少ないんですか?」